入試情報

入試情報

奨学金制度・教育ローンの種類

奨学金制度・教育ローンの種類について

各種奨学金制度の利用を検討されている方に、各種奨学金・朝日医療学園提携教育ローンなど、各自に合った内容を上手に活用し、資格取得に向け安心して学生生活を送ってください。

日本学生支援機構奨学金

[日本学生支援機構 https://www.jasso.go.jp/]

種別 種類 利息 金額 注意点
貸与型 第一種 自宅通学:月額20,000円~ 53,000円から選択
  • 給付型は高校卒業の翌年度末日 から本校入学までの期間が2年 を経過していない方が対象です。
  • 貸与型と給付型の併用申し込 みは可能です。
  • 入学時特別増額は日本政策金融 公庫の教育ローンが不採用の場 合に、初回振り込み時に増額で きる制度です。
  • 採用には家計支持者の年収や学 生の学業成績などの基準が有り、 申込者全員が採用されるとは限 りません。家計基準については 下記を ご参照ください。
  • 給付型の( )内は、生活保護 世帯で自宅から通学する人及び 児童養護施設等から通学する人 の月額です。
第二種
(上限3%)
自宅外通学:月額20,000円~ 60,000円から選択
入学時特別
増額貸与

(上限3%)
月額20,000円~120,000円から選択
(1万円単位から選択でき貸与中に金額変更が可能)
給付型 返済義務のない
奨学金
(次ページの授業
料減免制度の
利用が可能です)
自宅通学 第Ⅰ区分:月額38,300円(42,500円)
第Ⅱ区分:月額25,600円(28,400円)
第Ⅲ区分:月額12,800円(14,200円)
自宅外通学 第Ⅰ区分:月額75,800円
第Ⅱ区分:月額50,600円
第Ⅲ区分:月額25,300円

■申し込み

【予約採用(高校での申し込み)】
本校に入学する前に、奨学金の予約申し込みができますので、在学中の(在学していた)高等学校の奨学金担当の先生 にご相談ください。
【在学採用(入学後に申し込み)】
本校に入学後の申し込みです。説明会を4月に行い必要書類をお渡しします。

■家計基準

家計支持者の年収・所得の上限額(万円)の目安は以下の通りです。(専門学校の場合)

貸与型 世帯人数 通学形態 給与所得の世帯<年間収入金額> 給与所得以外の世帯<年間所得金額>
第一種 第二種 併用貸与 第一種 第二種 併用貸与
2人 自宅 809(750) 1,066 750 401(351) 658 351
自宅外 854(804) 1,111 804 446(396) 703 396
3人 自宅 700(642) 1,039 642 316(275) 631 275
自宅外 765(706) 1,084 706 361(320) 676 320
4人 自宅 780(719) 1,123 719 372(329) 715 329
自宅外 825(782) 1,168 782 417(374) 760 374
5人 自宅 990(952) 1,368 952 582(544) 960 544
自宅外 1,080(1,042) 1,458 1,042 672(634) 1,050 634
◆家計支持者(父および母)の年収・所得額の上限が、世帯人数により定められています。
◆以下の場合は申込者本人が家計支持者となります。
 ・本人が自動養護施設等に在籍している場合  ・本人が里親に養育されている場合
◆申込時に家計支持者のマイナンバーを提出する必要があります。
給付型 世帯人数 想定する
世帯構成
給与所得の世帯 給与所得者以外の世帯
第Ⅰ区分 第Ⅱ区分 第Ⅲ区分 第Ⅰ区分 第Ⅱ区分 第Ⅲ区分
2人 本人・母 229 332 402 131 197 251
3人 本人・母・中学生 289 391 457 172 241 295
4人 本人・親①・
親②(無収入)・
高校生
259 395 461 186 256 305
5人 本人・親①・
親②(パート)・
高校生・中学生
親①:321
親②:100
親①:395
親②:100
親①:461
親②:100
親①:207
親②:100
親①:256
親②:100
親①:309
親②:100
◆表中の数字は目安の金額です。所得要件は収入・所得に基づく課税標準額等により設定されるため、世帯構成、障害者の有無、各種保険料の支払い状況等により、目安の金額を上回っていても対象となる場合や下回っていても対象とならない場合があります。
◆本人が直前の1月1日現在19歳~22歳であるものとして試算しています。
◆日本学生支援機構のホームページに掲載している「進学資金シミュレーター」で、対象となるかおおよその確認ができます。

※家計基準は変更になる場合があります。

大学等における修学の支援に関する法律による授業料等減免制度のご案内

令和2年4月から国の新しい修学支援制度が開始され本校はこの制度の対象校として認定されています。

■制度の概要

経済的な理由で進学を諦めないよう、「日本学生支援機構の給付型奨学金」と「授業料減免」により支援する制度です。
日本学生支援機構の給付型奨学金に採用されると、入学金および授業料の減免を受けることができます(申請が必要です)。

■対象者の要件■制度の概要

【家計の経済状況に関する要件】
住民税非課税世帯および住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生、または社会的養護を必要とする学生です。
年収・所得の目安等は左ページの日本学生支援機構奨学金の家計基準(給付型)をご覧ください。
【進学までの期間に関する要件】
高校を卒業した年度の翌年度末日から本校入学までの期間が2年を経過してない方が対象です。
◆令和4年に本校に入学される方…令和2年3月~令和4年3月までに高校を卒業した方が対象
【学業成績に関する要件】
<入学後1年を経過していない方>次のいずれかに該当
①高校の評定平均3.5以上 ②高校卒業資格程度認定試験に合格 ③学修計画書で意欲や将来設計等が確認できること
<入学後1年以上を経過した方>次の①または②に該当
①GPA(平均成績)等が上位2分の1以上
②修得単位数が標準単位数以上であり、学修計画書で意欲や将来設計等が確認できること

■減免額

給付型奨学金採用区分により、以下の免除(本校の場合)を受けることができます。

給付型奨学金採用区分 入学金免除額 授業料減免額 合計
第Ⅰ区分(減免基準額を免除) 160,000円 590,000円 750,000円
第Ⅱ区分(減免基準額の3分の2の額を免除) 106,700円 393,400円 500,100円
第Ⅲ区分(減免基準額の3分の1の額を免除) 53,400円 196,700円  

■認定手続

Step1 給付型奨学金の申し込み

①予約採用(進学前の申し込み)または在学採用(進学後の申し込み)
(在学採用は採用が遅くなるため、予約採用の申し込みをお勧めします)
②選考・認定
(日本学生支援機構がマイナンバーにより家計状況を確認)
③採否結果の通知
(予約採用は進学前に高校から通知・在学採用は本校から通知)
④奨学金の支給(入学後)

Step2 入学金・授業料の減免の申し込み

①減免の申請
(減免申請書・奨学金採用候補者決定通知を本校に提出)
②選考・認定
(支援区分の確認・成績要件等の確認)
③認定通知
④授業料等減免

教育ローンのご案内

各金融機関が融資する教育ローンをご紹介します。
詳しくは、各お問い合わせ先までご連絡ください。

種別 国の教育ローン 日本政策金融公庫
(事前審査可)
(株)オリエント コーポレーション
(事前審査可)
対象 本校に入学される方の保護者(※)
(前年度の年収制限があります)
本校に入学される方の保護者(※)
融資金額 学生おひとりにつき350万円以内 10万円以上500万円以内
金利 固定(一般)1.68%
母子家庭等1.28%
(保証人なしの場合)+1%相当
固定(提携ローン)3.5%
融資期間 15年以内
(据置期間含む)
最長10年
(金額によって異なる)
(据置期間含まず)
返済据置期間 在学期間以内
申込日の翌月から卒業予定月まで
ご返済方法 元利均等返済
(ボーナス返済併用可)
ステップ返済
ステップアップ返済
通常分割
リレー返済
(ボーナス返済併用可)
保証 保証人1名以上または
(財)教育資金融資保証基金
お問い合わせ 教育ローンコールセンター
ナビダイヤル 
0570-008656
お問い合わせ・お申込み
0120-517-325
※お申し込みはこちらから

令和3年2月現在

《ご注意》
・ 教育ローンは保護者の方が対象ですが、(※)の金融機関では学生本人に安定した収入がある場合に本人がご利用いただける場合があります。
・ 教育ローンの事前審査は1~2週間程度ですが、正式な申込みは融資まで3週間程度かかります。納入が遅れそうな場合は本校までご連絡ください。

ページトップへ