本文へスキップします。

  • 魅力がたくさん詰まってる。資料請求
  • オープンキャンパスの申し込み

ニュース ニュース

RSS配信  

2019/07/30【言語】TOPICS

【言語聴覚学科】 他覚的聴力検査

今年の1年生も、通常の聴力検査の実施がスムーズになってきました。


通常の聴力検査では、被検者(検査される人)の「聞こえた」という反応が必用です。

こういう検査を「自覚的聴力検査」と呼びます。

 

一方、被検者の「聞こえた」という反応の必要無い検査もあります。

「他覚的聴力検査」と呼びます。

 

代表的な検査には、ABR(脳幹聴性反応検査)があります。

 

 

被検者にヘッドホンから検査音を聞かせ、
頭のてっぺんに付けた電極と耳たぶに付けた電極の電位差(反応)を見ようとするものです。

いわゆる「脳波聴力検査」ですね。

 

この検査の検査音には、通常、クリック音が使われます。

音の感じとしては、ネコを呼ぶ時の「舌打ち音」が近いと思います。

 

音の高さとしては、高い周波数成分が中心です。

 

ですから、ABRでの反応が出ない、
つまり高~重度難聴の場合でも、低音域の聴力は残っている可能性は否定できません。

 

ことばの獲得に直接結びつくとは考えにくいですが、
低音部の聴力を使って補聴器を活用し、音のON、OFFの理解に役立てるといった方向性も考えられます。

 

これは、聴覚を活用することに他なりません。

将来、人工内耳を装着した場合に、
初期の段階から聴覚を活用していることは言語獲得に有利に働くことは言うまでもありません。

 

では、低音部の聴力が残っているかどうかはどうすれば分かるのでしょうか。

 

これは、もっぱら観察によります。

乳幼児オージオメータでいろいろな周波数の音を聞かせ、子どもの反応を見ることが大切です。

 

 

 

音を聞かせたら、子どもが振り向いた。まばたきをした。

反応は様々です。

 

音を出す係と、子どもの反応を見る係の最低2人は必要です。

手はかかりますが、重要な情報が手に入ります。

 

検査の方法だけでなく、検査の原理や理論を理解していることも大切ですね。