本文へスキップします。

  • 魅力がたくさん詰まってる。資料請求
  • オープンキャンパスの申し込み

ニュース ニュース

RSS配信  

2019/10/29【言語】TOPICS

【言語聴覚学科】子どもの検査(2)

前回、いろいろな音を子どもに聞かせて、子どもの反応を見るという、BOA(行動聴性反応検査)の話をしました。行動レベルでの、子どもの音への反応を見るという検査ですね。

 

さて今回は、もう少し「検査っぽい」方法を取り上げます。

VRA(視覚強化式聴力検査)と言います。

今、検査音が鳴って、被検者が反応したところを写真にとっています。

被検者の左右には2本のスピーカがありますが、今回は使いません。

また、手元の反応ボタンも使いません。

 

つまり、スピーカを1本だけ使う検査方法です。

ですが、結構、威力のある方法です。

 

さて、被検者は中央上を見ていますね。

ということは、検査音は中央上のスピーカから出ていることが分かります。

 

同時に、中央の窓には何やら楽しそうな玩具が見えていますね。

普段、中央の窓の照明は消えていて、外からは見えない状態になっています。

 

つまり、被検者は、検査音が鳴って反応したら、楽しい場面が見られるという原理を勉強する訳です。

 

このことが、きっちり理解できれば、あとは「こっちのもの」です。

 

最初は十分に大きな音で勉強させますが、この原理が理解できれば、だんだん音を小さくして、聞こえるか聞こえないかのレベルである「聴覚閾値」も測定できるようになります。

 

しかし、「焦りは禁物!」

 

被検者が十分理解できているかどうかを見極めないと、その後の検査がうまくできません。

どっちかと言うと、十分理解できない場合のほうが多いかな?

 

そこで、ある原理を勉強させるのではなく、BOAのように被検者の「あらゆる反応」を検査の指標とする方法をとることになります。

 

どちらにしても、この検査が、最早期から実施できる、定量的(数値で表す)な検査であることには違いありません。

もちろん、検査者と観察者の2名で実施することが重要であることは、BOAと同様です。