本文へスキップします。

  • 魅力がたくさん詰まってる。資料請求
  • オープンキャンパスの申し込み

ニュース ニュース

RSS配信  

2019/11/13【言語】TOPICS

【言語聴覚学科】 子どもの聴力検査(3)

 前回、1本のスピーカと光刺激を組み合わせるVRA(視覚強化式聴力検査)の話をしました。

今回は、2本のスピーカを使う検査を取り上げます。
COR(条件詮索反応検査)と言います。


写真は、検査音が鳴って、被検者が反応したところです。
写真には写っていませんが、被検者の右にも同じ装置があります。
今回も、黄色のボタンは使いません。

 

被検者は、左側を見ていますね。ということは、検査音は左側から出ています。

人間には、何か変化があると、そちらのほうを向く(見る)という性質があります。
今まで音の無かった場面で、検査音が聞こえる。

これは「大きな変化」です。
被検者は、当然、音のきこえた方向を見るはずです。
CORは、この原理を使っています。

 

ところで、スピーカの上側に「熊さん人形」が見えていますね(実は、太鼓をたたいています)。
通常、検査音が出ていない状況では、照明は消えています。
つまり、「熊さん人形」被検者からは見えません(もちろん動きません)。

検査音が出て、被検者が検査音(スピーカ)の方向を見た時に、
照明をつけ、「熊さん人形」を見えるようにします。

何回か繰り返すと、
検査音が鳴って、そちらの方向を見ると、何か楽しいものが見られるということを被検者は理解します。

そのうえで、検査音を左右に振り分け、正しい反応が得られるようになると
もう「こっちのもの」です。

最初は十分に大きな音で実施しますが、
この原理が理解できれば、だんだん音を小さくして、
聞こえるか聞こえないかのレベルである「聴覚閾値」も測定できるようになります。

この検査の問題点としては、
検査の原理として用いている「左右の音源定位」自体が結構難しいことがあげられます。

その点、前回取り上げたスピーカ1本で実施するVRA(視覚強化式聴力検査)のほうが、
子どもにとっては理解しやすいことになります。

 

また、VRAと同様、子どもの観察が重要であることは言うまでもありません。
できれば、検査者と観察者の2人で実施したほうが安全だと思います。

以前、左右のスピーカから検査音を聞かせているのに、必ず同じ方向を向く子どもがいました。
よくよく調べてみると、片方の聴力は正常だが、もう片方はほとんど聞こえていないことが分かりました。

これは、スピーカ1本で実施するVRA(視覚強化式聴力検査)では分からないことですね。