学科の特長

  • 話す、聴く、食べるを支援するスペシャリスト

    高まるニーズに対応し、現場が求める知識と技術を
    臨床経験豊かな講師陣が指導します。

    取得可能な資格

    • 言語聴覚士(国家試験受験資格)

      言語聴覚士=ST(Speech-Language-Hearing Therapist)はそれらの障害を持つ人に、自分らしく生活ができるよう治療や訓練を通して支援する専門職で、言語・コミュニケーションや摂食嚥下機能に関するエキスパートです。
      普段当たり前に「話す」「聞く」「表現する」「食べる」という行為をしている私たちは、ことばによってお互いの気持ちや考えを伝え合い、経験や知識を共有して生活をしていますが、生まれつきの障害や病気などにより、それが自然にできない人がいます。
      障害のある方は、年齢や病気の症状、抱えている事情がそれぞれ異なります。言語聴覚士は、医療・介護・福祉・教育などの立場からその人に最適なリハビリテーションを提供します。
      また、医師や看護師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士などの医療スタッフや、ケースワーカー・介護福祉士などの保健・福祉専門職、教育・心理専門職などがチームを組んで対処する「チーム医療」が重視されるフィールドです。チーム医療の一員として迅速に情報を提供し、独自の専門性を発揮する言語聴覚士の活躍の場は年々広がっています。
      即戦力となる技術や知識を学び、言語聴覚士としての「人間力」を身につけて、新たな夢に向けてスタートしてみませんか。

    言語聴覚士の大切な3つの役割

    • 成人領域

      医療機関(リハビリテーション科)や介護施設等において、失語症や高次脳機能障がい、嚥下障がいに対しての支援を行います。

    • 小児領域

      医療機関や療育機関、ことばの教室、保健・教育機関等において、ことばや発達の遅れに対する支援を行います。

    • 聴覚領域

      医療機関(耳鼻科など)や療育機関、保健・教育機関、補聴器メーカーにおいて、聞こえの検査や補聴器・人工内耳手術後の調整や訓練などの支援を行います。

  • 学科の特色・学びのポイント

      • point 1
      • 担任制・個別指導制による
        細やかなサポート

        講義内容の復習や個別補習など、
        臨床実習の準備や国家試験合格のため
        徹底したサポートを行います。

      • point 2
      • 3年制の教育課程で国家資格を取得

        3年間で段階を踏んで着実に専門力を磨くオリジナルカリキュラムを導入。
        実習も多く取り入れ、実践スキルを磨いていきます。

      • point 3
      • 実践的な臨床力を鍛える
        講義と演習

        実務家教員を多く揃え、実践力を育成するためのカリキュラムを構成しています。また、演習科目も多く、臨床を意識した内容も豊富に設定されています。

      • point 4
      • チーム力を身に付ける、
        臨床で求められる
        多様なスキルの習得をめざす

        理学療法士や歯科衛生士など、他職種と連携した講義や演習があり、姿勢の調整や介助方法、口腔ケアなど臨床で求められる広い知識と技能を身に付けます。

  • 朝日医療大学校だからできること

    • 臨床力が身につく、事前実習

      • 即戦力になるための教育として、
        プロの臨床現場での実習が豊富です。

        本学科では、提携施設との充実した連携関係が強みの一つであり、複数の医療福祉関係に事前実習の協力を依頼しています。事前実習は本実習前に、コミュニケーションスキル、言語聴覚士としての臨床技術を向上させ、円滑な臨床実習を行うことを目標にしています。

        教育場面の提供
      • 事前実習によるメリット

        ■ 事前授業を通じて自分の弱点を知る
        ■ コミュニケーションスキルUP
        ■ 臨床技術の向上

ページトップへ