最新の施設・設備

  • 最新鋭の設備を導入した新キャンパスで学ぶ

    実践力を高める充実した最先端の教育環境

    実際の病院さながらの設備が揃った実習室で、医療行為を行う上で必要な専門技術が学べます。
    室内には、看護実践能力の修得に必要な最新鋭の機器が導入されており、
    明るくきれいな教室で、幅広い技術を身につけることができます。

  • 最新式シミュレーターモデルで
    実践さながら

    感染症予防の意識を高める
    • 円形レイアウトで効率的な実習室

      ベッドを円形に配置することで、効率的に動くことができます。また、死角がなくなることで、教員の指導が行き届くようになります。実習室には、ベッドと同数の「万能型看護実習モデル“八重”」を導入しており、学生4人で1体のモデルを使用した実習が行える環境を整えています。患者さまの状態を想定した質の高いシミュレーション演習が行えます。吊り下げ式のモニターで、教員のデモンストレーションを確認することも可能です。

    • オリジナルどこでもベッド

      床頭台や酸素吸入・吸引シミュレーター、ナースコールなどの設備がセットになったオリジナル機材を導入。
      実際の医療現場をイメージし、実践力を磨ける環境を整えています。機材は移動することも可能で、さまざまな形式の実習に対応できます。

ページトップへ