本文へスキップします。

  • 魅力がたくさん詰まってる。資料請求
  • オープンキャンパスの申し込み

ニュース ニュース

RSS配信  

2018/05/31【看護】TOPICS

【看護学科】立志式 :ひよこナースの成長期~よちよち期(2年生)その2~

5月26日(土)朝日医療大学校看護学科1期生の立志式を挙行いたしました。

立志生は実習施設のご来賓の方々やご家族、学校関係者・1年生(2期生)が参列する中、温かいまなざしに見守られ、ナイチンゲール像の心の灯と称される灯火から、各自が手作りしたキャンドルに灯を受けました。一人一人が決意を表明する場面では、朝日医療大学校の看護学科1期生として凛とした誇らしさを感じ、27名の成長に感銘を受け心温まる立志式となりました。




野上副校長からの式辞では、ナイチンゲールが看護学生に宛てて書かれた『書簡集』からの引用で、「この1年間の訓練にもたれかかって、そこに踏みとどまってしまったりすることのないようにしなさい。あなた方は進歩し続けない限りは、退歩している事になるのです。目標を高く掲げないさい。2年目も3年目もまた貴女の生涯を通して、この最初の1年に築いた基礎の上に立って、自分を訓練し続けなければなりません。もしあなた方が真の看護師であるならば、自分がまさに第一歩を踏み出したばかりであると分かるでしょう」というメッセージが送られました。19世紀に生き、看護の礎を築いたといわれるナイチンゲールから、21世紀に生きる立志生の皆さんへの、厳しくも素晴らしい祝福のメッセージになったのではないでしょうか。

これから、本格的な実習が開始する1期生の皆さんにとって、決意を新たにする1日となりました。