本文へスキップします。

  • 魅力がたくさん詰まってる。資料請求
  • オープンキャンパスの申し込み

ニュース ニュース

RSS配信  

2018/12/28【看護】TOPICS

【看護学科】 輸液ポンプ操作をマスターして患者さんの命を守りたい

基礎看護学実習Ⅰを経験した2年生にとって、
病棟では見たけれど未知の機械…輸液ポンプのメーカー、株式会社トップさんに来校いただき、
輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱いと留意点を伺い、実際に操作もしました。

点滴がどのように滴下するのかという、ポンプのしくみが披露されると、

「お~~」という感嘆の声があがります。

最初はドアの開け閉めにも戸惑い、アラーム音にドギマギ…
それでも何度か繰り返すうち操作もスムーズになり、真剣な顔はナースそのもの。

振り返りを行うと、「リスクも体験し、輸液・シリンジポンプの扱い方に責任を持てるようになった」
「数字をひとつ間違える、操作を誤ることは患者の生死につながってしまうことを痛感した」など、
確実な確認、正確な操作が患者の命を守るということを実感できたようでした。