国家試験対策

  • 国家試験対策について

    • 入学前教育(入学生全員/希望者のみ)

      • 基礎医学系に必要な課題に取り組み、入学後の専門教科を学ぶための意識づけを行っています。
      • 学生の不安を緩和するために医療系の学習に対応した入学前教育を導入しています。
    • 少人数制教育(チューター制)

      • 個別相談ができるように少人数制教育を導入しています。
      • 4年間を通して担当教員が学び方や苦手科目の個別指導を実施します。
      • 少人数制教育導入により、グループで学び合い高め合う学習環境を整えています。
    • 系統的な学習

      • 人間の理解から病気の成り立ち→治療→看護へと理解しやすい進度で授業が組み込まれています。
      • 非常勤講師には講師会議を通して本校の系統的な学習進度について理解し授業に入ってもらいます。
      • 実習施設との連携を図り看護実践に伴った応用問題を克服します。
    • 模擬試験

      • 4年間の国家試験対策を計画的に実施し、全国統一模試は1年次から導入しています。
      • 国家試験の難易度の高い問題を分析し、学生個々に苦手科目に向けた個別指導を実施します。
    • 三位一体

      • 定期的な授業参観や面談を実施し、個々の学生への学習支援体制を確立しています。
      • 学習経過と成果を報告するなど緊密な連携を図り、本人や家族の不安を解消するようにサポートしています。
ページトップへ