OBOGインタビュー

  • 学生&卒業生の今と未来

    OBOGにインタビュー! 広がる、無限の可能性

    • 岡山リハビリテーション病院 勤務

      同じ夢を目指す友人とともに国家試験や
      実習を乗り越えて自分の進みたかった道へ

      鍵本 直也さん

      2014年 昼間部卒業
      岡山県立邑久高等学校出身

      今は理学療法士として患者さまのリハビリを担当しつつ、臨床以外の時間でより深い知識を学び、先輩方のご指導のもと介助練習などを行っています。患者さまから退院されるときに「ありがとう」の言葉をいただくと本当にこの仕事に就いて良かったと感じます。国家資格取得は、専門科目も多いので大変ですが、先生方が毎年のデータをもとに対策をしてくださるので、しっかりと力をつけることができました。就職面でも、病院の特色を教えていただき、アドバイスをしてくださるので、自分が行きたい道をしっかりと目指すことができました。また、学校で一番自分を支えてくれたのは友人たち。国家試験に向け一緒に勉強したり、実習中も連絡をとって励まし合い、刺激を受けながら共に頑張れたことは何よりも大きな支えでした。今後も、学校で学んだことを基本に、より多くの知識を深められるように学んでいきたいと思っています。

      OG 理学療法士
    • 総合病院 津山第一病院 勤務

      「笑顔が見たいから頑張れる」患者さまを
      近くでサポートできるやりがいの大きな仕事です。

      岩野 久美子さん

      2013年 昼間部卒業
      岡山県立新見高等学校出身

      私が理学療法士を目指したのは、祖父が脳卒中を発症したことがきっかけで、麻痺の残る祖父を少しでも支えたい、良くなる手伝いがしたいと思い、この仕事に就きました。職場では回復期におられる患者さまを担当し、リハビリを行っています。また、必要に応じて家屋調査を行い、退院に向けて患者さまのサポートをしています。仕事をしていて感じるのは、運動学や解剖学、生理学を身につけておくこと、分からないことは、どんなことでも先生に聞くことが大切だということです。個性あふれる先生方の授業は、難しくも興味深く楽しいものでした。先生方は普段からよく声をかけてくださったので質問しやすく、臨床のことも含めて質問できことは、とても役に立っています。この仕事は患者さまを近くで支えることのできる、やりがいの大きな仕事です。患者さまの笑顔が見られるように、私自身も頑張りたいと思います。

      OG 理学療法士
    • 倉敷平成病院 勤務

      患者さまからの
      「ありがとう」がやりがいの源!

      井川 大輔さん

      2018年 理学療法学科昼間部
      岡山県立総社南高等学校出身

      回復期病棟期に配属され、中枢・運動器の幅広い疾患に関わり、患者さまの生活に目を向けながら頑張っています。
      理学療法士になるための勉強は大変でした。その分、働いていてやりがいのある職業です。自分が考えた治療で患者さまが良くなる姿を見る時や、患者さまから「ありがとう」の一言をいただいた時などは、理学療法士になって良かったと感じるひと時です。毎日悩み、考えることは多いですが、その先に上手くいった時の大きな喜びがあります。

      OG 理学療法士
    • 倉敷中央病院リバーサイド

      患者さまの「ありがとう」が、私の原動力。

      髙津 茉由さん

      2019年 理学療法学科卒業
      岡山県立倉敷中央高等学校出身

      主に運動器のリハビリテーションを担当し、最近は疾患を持つ患者さまを受け持つことも増えてきました。知識も技術もまだまだですが、自分なりに考え、目の前の患者さまに対して精一杯向き合っています。患者さまから「あなたが担当してくれてよかった。ありがとう」と、言っていただいたときは、本当に嬉しいですね。学生生活を振り返ると、先生方はとても熱心でユーモアにあふれる人ばかりでした。共に学んだクラスメイトにも恵まれ、お互いに支え合いながら成長することができました。4年間、この学校で過ごして得たものは、全て力になっていると強く実感します。みなさんも1日1日を大切に、学生生活を楽しんでください。

      OG 理学療法士
ページトップへ