進路・就職

  • 卒業後の進路

    • 医療をはじめ福祉や介護、スポーツ分野など
      年々需要が高まる理学療法士

      高齢化によって理学療法の対象者が増えたことなどから、年々需要が高まっている理学療法士。本学科にも多数の医療現場から求人が寄せられており、就職求人率は20〜30倍となっています。さらに、近年は地域リハビリテーションなどにも活躍の場は広がっています。

    就職サポート

    国家資格の取得から希望の就職先まで、一人ひとり丁寧にサポートします。

    理学療法士の国家資格取得という目標をめざすにあたっては、これまで経験した以上の学習が求められます。
    4年間目標を見失うことなく、充実した学生生活を送れるよう、全力でサポートします。教師陣が学生一人ひとりにしっかりと向き合い、希望の就職先に進めるよう丁寧に指導します。病院や施設でのアルバイトや不動産業者の紹介など、安心できる環境づくりもバックアップいたします。

    就職までの流れ

    • データベースを活用した就職試験対策を実施

      • 本学科では、過去の卒業生たちの就職活動情報を、独自にデーターベース化して管理。そのため、就職を希望する病院や施設があれば、事前に試験の過去問題を調べるなどして効果的な対策を練ることが可能です。また、積極的な情報収集の機会を設け、学校への求人票の閲覧や施設見学なども実施。具体的イメージを持って就職先を希望できるよう努めています。これまで蓄積したデータをフル活用し、学生が試験や面接に自信をもって臨めるようサポートします。

    • 教職員からタイムリーで役立つ情報を提供

        本学科に在籍している経験豊富な教員も、学生の就職を手助けする心強い存在です。教員それぞれが独自の経験や人脈を通じて、タイムリーで的確な情報を提供。就職活動だけでなく、就職後の仕事内容についても具体的なアドバイスが可能です。

    • 卒業後の再就職を手助けするキャリアサポート

        卒業後もさらなるレベルアップを目指す理学療法士のために、技術を磨くための研修会を積極的に実施しています。卒業後、就職先を都合で退職した後の再就職に対しても、幅広いネットワークを活かして情報提供し、ブランクなく就職できるよう卒業生をバックアップしています。

      主な就職先
ページトップへ