本文へスキップします。

  • 魅力がたくさん詰まってる。資料請求
  • オープンキャンパスの申し込み

ニュース ニュース

RSS配信  

2018/11/06【理学】TOPICS

【理学療法学科】 日本臨スポ医学会発表 多賀先生

平成30年度 日本臨床スポーツ医学学術総会が、
112日から札幌コンベンションセンターにおいて開催されました。

朝日医療大学校からは、
日本体育協会公認スポーツドクターの柚木学校長と理学療法学科の学科長補佐 多賀先生が出席しました。

多賀先生は「コンディショニング」のセッションで
『拮抗筋ストレッチ法がハムストリングの伸長性に及ぼす効果について』
という題でその研究成果を発表しました。
質疑応答も活発で、今後の更なる研究の進展が示唆されました。

~学校長コメント~

ストレッチングの手技上の基本は、
術者による目的の筋肉への解剖学的に適確な触手及び被験者に目的の筋肉を言葉で意識させることです。

多賀先生はその手技に卓越したPTの中の一人です。
多賀先生の実技指導を受けている学生諸君!
今回の発表は、ストレッチングにおける一つのエビデンスを追求した内容であると言えます。
共働筋だけでなく拮抗筋のストレッチング法に着目したその手技について、
是非、質問し且つ習得してください。