学科の特長

  • 理学療法士の国家資格取得を目指す4年制のカリキュラム

    経験豊富なプロから技術と知識を教わり、
    意識の高く実践力のある臨床家を育てます。

    取得可能な資格

    • 理学療法士(国家試験受験資格)

      人は病気やケガなど、さまざまな理由で、身体の運動機能が低下したり、障害が起こったりします。痛みや骨折、筋肉の損傷や萎縮、関節の病気など、疾患は幅広く、脳や心臓などの疾病により、身体になんらかの障害が残ることもあります。これらすべての症状が理学療法の対象になるので、乳幼児から高齢者まで対象者は幅広く、あらゆる方の治療に用いられています。さらに、生活習慣病予防やガン患者のリハビリなどにも応用されおり、病気が発生してから、在宅でのリハビリを行うまでの幅広い期間で理学療法士がサポートしています。

    • 日常生活の質の向上をサポートするヘルスケアパートナーとしての役割。

        運動機能の回復だけではなく、理学療法士には生活習慣病の予防や健康維持のための運動の指導など、日常生活の改善をサポートする役割もあります。健康への自信を高めて不安感を緩和するなど、自立心を養い精神面でも支えることも、理学療法士の重要な役割です。チーム医療のスタッフとともにコミュニケーションをとりながら、患者さまを運動機能面と精神機能面の両方から支え、日常生活の質を高めていくことが求められています。

    • 医療をはじめ福祉や介護、スポーツなど活躍の場が広がっています。

        最近では運動機能を維持するために高齢者への予防指導を行うなど、健康な方にも理学療法士の能力が求められています。また、スポーツ分野のパフォーマンス向上のための指導なども実施。さらに、運動機能の豊富な知識と専門性を活かして、福祉用具や住宅改修のアドバイスを行うなどの仕事も増えています。臨床経験や研究を積んで大学や専門学校(養成校)の教員になったり、パーソナルトレーナーとして独立、青年海外協力隊などに参加して医療に貢献するなど、活躍の場はますます広がっています。医療はもちろん、医療を越えたさまざまなシーンで理学療法士の役割は大きくなっているのです。

  • 学科の特色・学びのポイント

      • point 1
      • 実践力を高め
        地域に根差した即戦力を養う

        平成29年度入学生から新カリキュラムとなり、実習・演習時間が多く設定された実践的な学びです。

      • point 2
      • 高度専門士の称号を取得

        大学卒業者と同等の学力があると認められ、
        大学院への進学が可能となるなど、選択の幅が広がります。

      • point 3
      • 担当教員による
        きめ細やかなサポート

        学業はもちろん、私生活の悩みにも教員が親身に対応。一人ひとりに合わせてサポートします。

      • point 4
      • 本学科オリジナルプログラムで
        国家試験を徹底サポート

        1年次から資格取得を意識した高い専門力が身に付く授業を展開し、知識と技術の両方を養っていきます。

  • 朝日医療大学校だからできること

    • 対応できる疾患が増え、患者さまのニーズにより広く応えることができる。

      地域医療を支える教育スタイル

      近年、国では「地域包括支援システム」という制度の充実が図られ、その中で理学療法士が中心となり活躍することが期待されます。理学療法士の活躍の場は病院だけでなく、施設から在宅へと拡がり、理学療法の対象も、片麻痺や骨折だけでなく、がんのリハビリテーション、終末期医療の方など多岐にわたってきています。さらに、病気になる状態を防ぐ予防リハビリの分野まで期待されています。

    • 詰め込むのではなくレベルに応じてムリなくじっくり学べる

      専門性の高さに対応し、4年制でじっくり学ぶ。1年間の負担が軽減され、しっかり習得可能。

      理学療法士の活躍の場が広がるとともに、養成課程で学ぶべき内容が激増。養成課程には3年制と4年制がありますが、今では4年制が主流になっています。主な理由としては呼吸器や循環器・内科的疾患・がん患者への対応や障がいの予防、福祉分野でより高度な専門性が必要となり、日本理学療法士協会が4年制教育を推進するようになったからです。本校では開校以来4年制教育を採用しており、高い教育効果と国家試験合格率を達成しています。

    • 国家資格を目的とし、即戦力としての職業能力が身につく

      • 「大学」は学位取得と学術研究を主としますが、
        「専門学校」では国家資格取得と実際の職業能力 を身に付けた即戦力の育成をめざします。

        「大学」と「専門学校」では、教育の目的に大きな違いがあり、「大学」が学術を中心に、知識や専門の学芸を研究することが目的なのに対し、専門学校は、職業や実生活で必要な能力を有する専門家を育成すること、国家資格を確実に取得するための能力を育むことを目的としています。そのため、専門分野(専門基礎分野)の学習時間は大学より4年制専門学校の方が多い傾向にあります。大学も多様化していますが、理学療法士の国家資格そのものには大卒と専門卒の差異はありません。本校は専門学校としてのカリキュラムの自由度を最大限に活かし、学生一人ひとりに合わせて国家資格の取得と現場で活躍できる即戦力を育成することに力を注いでいます。

ページトップへ