学科の特長

  • 歯科医療に不可欠なスペシャリスト

    歯科衛生士の仕事は、歯科予防処置や歯科診療補助、
    歯科保健指導など多岐にわたっています。
    超高齢社会を迎え、在宅医療や高齢者医療へと広がりを見せています。

    取得可能な資格

    • 歯科衛生士(国家試験受験資格)

      口腔保健を通じて、全身の健康を守り、人々が健康で幸せな生活を送るために貢献できる、女性に適した専門職です。

    歯科衛生士の大切な3つの役割

    • 歯科予防処置

      歯垢や歯石の除去や、フッ素を塗布して健康な歯を保つ処置を行います。

    • 歯科診療補助

      歯科医師を中心としたチーム医療。診察がスムーズに進むようサポートします。

    • 歯科保健指導

      口腔ケアの方法を指導し、健康維持のため生活習慣改善のお手伝いをします。

  • 学科の特色・学びのポイント

      • point 1
      • 充実した実習で即戦力に

        医療人に必要な確かな技術の習得のため学内で基礎となる技術を身に付けます。また、1年生から3年生まで継続し多くの実習先を体験することで、将来像をイメージできます。

      • point 2
      • 学生の個性を活かす指導

        多様性に富んだ学生を受け入れそれぞれの学生の個性を重んじ地域貢献できる品格を備えた人材を育成します。

      • point 3
      • 主体性を高めるチーム基盤型学習

        講義を「受身でノートをとる場」から「自分たちのアイデアで、仲間とともに積極的に参加する場」にするためにTBL(チーム基盤型学習)を取り入れています。

      • point 4
      • クラス担任制とオリジナルプログラムによる国家試験合格サポート

        1年次から国家試験対策を実施し、担任制を活かし学生一人ひとりのレベルに合わせた指導を行っています。

ページトップへ