News

朝日医療大学校の新着情報一覧

  • カテゴリー

    各学科のニュース一覧

    • 3
    • 2017/02/09

    【歯科衛生学科】  卒業生が大活躍!!

    歯科衛生学科,卒業生の藤井涼花さんが歯科医院で活躍をしています。
    学生時代は,色々と悩み葛藤していました。けれども,同じ目標を持つ友人たちに支えられながら無事に卒業してくれました。そして,卒業した今でも友人たちとの絆を大切に歯科衛生士として活躍してくれています。
     そんな藤井さんからのメッセージです。
     


    卒業生の藤井涼花さんより
    ↓↓↓↓
    私は,小学生のころからサッカーをしており,高校も兵庫県の学校で寮生活をしながらサッカー部で部活に明け暮れていました。当時は毎日の部活に一生懸命で将来のことを考えることもありませんでした。
     高校3年になり,進路を考えなければならない時期になった時,始めは体を動かすことやスポーツが好きなので,スポーツトレーナーや体育教師になりたいと思っていましたが,うまく話しが進まず進路に悩んでいました。その時母が歯科衛生士という仕事を勧めてくれ、あまり深く考えることもなく、少し投げやりではありましたが歯科衛生士の専門学校に通うことにしました。
    自分がなりたかった職業ではなかったので,歯科衛生士という仕事がどんなものなのか分からず続けていけるのだろうか,と始めはとても不安でした。実際に歯科衛生士の勉強や実習をしている時も“こんな勉強はしたくない,こんな仕事がしたいんじゃない”と,本当に学校に行きたくないと思った時期がありました。でも,自分で決めたことだし,ここで学校を辞めてもいいことにはならないと思い,とりあえず学校に通っていました。
     学校に通う中で、いろいろな歯科医院に見学や実習に行かせていただき、実際に働く歯科衛生士の方たちを見て,“歯科衛生士って結構かっこいいかも”“素敵な仕事だな”と思うようになってきました。また学校の先生方もとても温かく,親身になって支えてくださいました。そしてなにより,国家試験合格という同じ目標に向かって頑張る同期の友達たちの存在があったからこそ,励まし合い愚痴を言い合い,学校を辞めたいと思った気持ちに打ち勝つことができました。
     現在は,国家試験に合格し開業医に就職し,歯科衛生士として働いています。まだまだ知識も技術も未熟ですが,温かい院長とスタッフに囲まれて歯科衛生士として患者さんに何ができるのかと考えながら頑張っています。患者さんが喜んでいる姿などを見るととても嬉しい気持ちになるし,やりがいも感じています。
     最初は,学校を続けていけるか,歯科衛生士として働いていけるかと迷いもありましたが,今では,やりがいのある素敵な仕事に就けたこと,卒業しても仲良くできる友達に出会えたことを嬉しく思うのと同時に,この学校に入ってよかったと思っています。これからも歯科衛生士として頑張っていきたいと思います。
     
     【歯科衛生学科】

ページトップへ