News

朝日医療大学校の新着情報一覧

  • カテゴリー

    各学科のニュース一覧

    • お知らせ
    • 2020/05/14

    (在校生の皆様へ)緊急事態宣言の一部解除に伴う対応について 対面授業の再開に向けて

    緊急事態宣言の一部解除に伴う対応について ー対面授業の再開に向けてー

    朝日医療大学校 学校長 柚木 脩

     

     本校では、緊急事態宣言発令後、学生の皆様や外部講師の皆様、そして教職員の安全のために登校の一部制限、そしてそれに伴うオンライン講義の実施等の対応を取ってきました。本日、岡山県が緊急事態宣言の対象地域から除かれたことから、今後は県の動向を踏まえ、対面授業再開に向けた具体的な対応について学内で検討・決定を行う予定です。 

    日程を含む具体的な内容については、今後、本校のホームページ及び学内Moodle等で通知いたしますが、対面授業の再開に向けて、学生の皆様に以下の事項についてお知らせするとともにご理解・ご協力をお願いいたします。

     今年度中の卒業、国家試験受験の対象となる学生の皆様については、年度内の学事日程を完遂及び単位付与のためにも、できるだけ早期の登校再開、実習・演習を含む対面での授業再開を考えております。ただし、実習・演習を実施するにあたり、言語・触手は必須となります。よって、実施に際しては、お互いに信頼できる健康集団を形成していく、ということが前提となります。

     つきましては、附属治療院及び各学科の実習室を学内指定清潔空間とし、教務部の許可なく入室することを禁止いたします。実習等で入室する必要がある学生及び教職員については2週間以上のセルフ健康チェックの記録を確認した上で、入室を許可いたします。

     入室が許可されない場合には、教室外での見学をお願いすることとなり、正規の実習・演習を実施することが困難となります。結果的に、補講や追試験の対象となることもあるかもしれません。また、長期間にわたり、実施が困難になってしまうと単位取得、ひいては卒業見込みが得られないために国家試験受験についても危ぶまれる可能性があります。

     しかしながら、Withコロナの学校生活において、実習・演習の実施は、学生及び教職員の協力なくしては成立いたしません。この点については十分にご理解いただき、日々のセルフ健康チェックに引き続き取り組んでいただきたいと考えております。

     最終学年以外の学生の皆様についても、順次、登校での対面授業再開に向けて、お知らせをしていく予定ですが、セルフ健康チェックについては継続して取り組んでいただきますようお願いいたします。

     繰り返しとなりますが、お互いに信頼できる健康集団を形成していくためにも、皆様の協力が必須となります。どうか、ご理解、ご協力をお願いいたします。

ページトップへ