本文へスキップします。

  • 魅力がたくさん詰まってる。資料請求
  • オープンキャンパスの申し込み

高まるニーズに対応し、現場が求める知識と技術を臨床経験豊かな講師陣が指導します。

言語聴覚士=ST(Speech-Language-Hearing Therapist)は国が認定する医療系国家資格です。
発達障害や脳卒中、その他「コミュニケーション能力」や「食べる」「聴く」という機能が低下した人に自分らしく生活ができるように治療や訓練を通して支援する専門職です。その他、物を認知する力、記憶力、知的機能などの障害に対しても言語聴覚士は関わります。

医療や福祉、教育機関と連携・協力した
「チーム医療」で独自の専門性を発揮
医師や看護師、理学療法士などの医療スタッフ、介護福祉士をはじめとする福祉専門職、教育・心理専門職と共に、他の職種と連携する言語聴覚士の活躍が求められています。

  • OPEN CAMPUS
  • 個別相談会
  • 資料請求する

言語聴覚士の仕事の領域を大別すると、主に成人領域(脳卒中後のコミュニケーション障害や摂食嚥下障害の訓練、高齢者の認知障害への対応、事故などによる中途障害への訓練)、小児領域(ことばの発達の遅れ、発声の問題、嚥下障害)、聴覚領域(きこえの障害、人工内耳手術後の調整と訓練)に分類されます。

成人領域

医療機関(リハビリテーション病院など)において、失語症や高次脳機能障害、嚥下障害に対しての支援を行います。

小児領域

医療機関(小児科など)や保健・教育機関において、ことばや発達の遅れに対する支援を行います。

聴覚領域

医療機関(耳鼻科など)や保健・教育機関において、きこえの検査や補聴器・人工内耳手術後の調整や訓練などの支援を行います。

充実の実習臨床力が身につく、事前実習

即戦力になるための教育として、プロの臨床現場での実習が豊富です。
本学科では、提携施設との充実した連携関係が強みの一つであり、複数の医療福祉機関に事前実習の協力を依頼しています。
事前実習は本実習前に、コミュニケーションスキル、言語聴覚士としての臨床技術を向上させ、円滑な臨床実習を行うことを目標にしています。

事前実習によるメリット

  • ■事前実習を通じて自分の弱点を知る
  • ■コミュニケーションスキルUP
  • ■臨床技術の向上
  • OPEN CAMPUS
  • 個別相談会
  • 資料請求する

言語聴覚士として活躍できるよう、
私たちが全力でバックアップします。
本学科は3年間で、国家資格である言語聴覚士の資格取得を目指します。
さらに、多様化している言語聴覚士の職域をふまえ、コミュニケーション能力のみならず、摂食嚥下機能、認知機能、身体機能など多角的な知識や観点を身につけ、「より実践的な臨床力を鍛える」ことも重要視しています。
言語聴覚学科 学科長
武村 紀裕先生

充実したカリキュラム
国家試験合格と臨床で
即戦力になる人材育成を目指します。
curriculum

国家試験合格と臨床で即戦力になる人材育成を目指します。

1年次

1年次

社会科学や自然科学などの
基礎分野、基礎・臨床医学系や
心理学系の専門基礎分野を
学びます。

〈基礎分野〉

  • ■倫理学
  • ■コミュニケーション概論
  • ■生物学
  • ■英語
  • ■保健体育

〈専門基礎分野〉

  • ■医学総論
  • ■解剖学
  • ■生理学
  • ■病理学
  • ■内科学
  • ■小児科学
  • ■精神医学
  • ■耳鼻咽喉科学/形成外科学
  • ■臨床歯科医学
  • ■聴覚系の構造、機能、病態
  • ■神経系の構造、機能、病態
  • ■認知心理学
  • ■学習心理学
  • ■臨床心理学
  • ■言語学
  • ■音響学
  • ■言語発達学
  • ■リハビリテーション概論

〈専門分野〉

  • ■言語聴覚障害学総論
  • ■失語症
  • ■運動障害性構音障害
  • ■機能性構音障害
  • ■小児聴覚障害
  • ■聴力検査

2年次

2年次

失語・高次脳機能障害、
言語発達障害、嚥下障害など
専門知識を学びます。

〈基礎分野〉

  • ■医療英語

〈専門基礎分野〉

  • ■リハビリテーション医学
  • ■臨床神経学
  • ■呼吸発声発語系の構造、機能、病態
  • ■臨床心理学演習
  • ■音声学
  • ■聴覚心理学

〈専門分野〉

  • ■言語聴覚障害診断学
  • ■失語症演習
  • ■高次脳機能障害演習
  • ■言語発達障害学
  • ■学習障害
  • ■脳性麻痺
  • ■発達知能検査演習
  • ■運動障害性構音障害演習
  • ■器質性構音障害
  • ■嚥下障害
  • ■音声障害
  • ■吃音
  • ■成人聴覚障害
  • ■補聴器・人工内耳
  • ■視覚聴覚二重障害
  • ■見学実習

〈選択必修分野〉

  • ■専門臨床基礎
  • ■地域連携実習
  • ■解剖学特論
    (画像診断学含む)

3年次

3年次

より臨床を意識した実践的
知識・技能の修得を目指します。
また、評価・総合実習を
経験し、治療までのプロセスを
学びます。

〈基礎分野〉

  • ■文学
  • ■コミュニケーション応用論

〈専門基礎分野〉

  • ■社会保障制度

〈専門分野〉

  • ■嚥下障害演習
  • ■評価実習
  • ■総合実習

〈選択必修分野〉

  • ■専門臨床応用
  • ■介助技術論
  • ■一般臨床医学講座
  • ■総合臨床医学講座
  • ■卒業研究

※平成30年度のカリキュラム予定です。内容は変更になる場合があります。

  • OPEN CAMPUS
  • 個別相談会
  • 資料請求する

言語聴覚学科2年
松尾 美紀さん
吉備国際大学出身
入学の動機は発達に遅れがある子ども達と関わりたくてSTになろうと思いました。専門知識をたくさん覚えなくてはいけない大変さはありますが、クラスメイトの資格取得に対する意識が高いので、良い環境の中で勉強に取り組めています。 将来は子どものケアはもちろん家族の皆さまのケアもできるSTになりたいと思います。
  • 主な就職先(一覧)

    独立行政法人国立行政機構 鳥取医療センター、備前市立国民健康保険 市立吉永病院、総合病院玉野市立 玉野市民病院、日本赤十字社 神戸赤十字病院、岡山済生会総合病院、社会福祉法人岡山ろうあ児援護協会 岡山かなりや学園、岡山医療生活協同組合 総合病院 岡山協立病院、医療法人平野同人会 総合病院 津山第一病院、社会医療法人盛全会 岡山西大寺病院、総合ケアサービス 株式会社 創心曾、一般財団法人操風会 岡山リハビリテーション病院、医療法人 藤本耳鼻咽喉科クリニック、医療法人明芳会 佐藤病院、医療法人創和会 重井医学研究所付属病院

  • 7.8(日)
  • 7.28(土)
  • 8.5(日)
  • 8.26(日)
  • 9.30(日)
  • 10.20(土)
  • 11.23(金・祝)
  • 12.15(土)
  • 20191.26(土)
  • 20192.16(土)

  • どこからでもアクセスがよく、働きながら学ぶ方にも通いやすいロケーションが魅力です。
    岡山県内はもとより、遠方からの通学が可能です。

  • OPEN CAMPUS
  • 個別相談会
  • 資料請求する