News

朝日医療大学校の新着情報一覧

  • カテゴリー

    各学科のニュース一覧

    • TOPICS
    • 2021/04/14

    【鍼灸学科】手指消毒中にインタビュー!!!(校舎入口にて)

    こんにちは、新任の浅尾です!
    今回からトピックスに携わらせて頂けるということで、何をテーマにしようかと考えていました。少しして思い付きました!

    1年生の授業には、『衛生学・公衆衛生学』という科目があります。
    授業のなかでも、健康チェック、手洗い・消毒の感染予防について説明しています。
    そもそも公衆衛生学は実践がともなわなければ意味がないので、行動に移せるようにより深く実践的な話もしていきます。
    例えば、ある研究では手洗い・消毒をした瞬間から「精神安定、精神衛生の向上」にもつながるといわれています!
    つまり「気持ちも整理される!」ということです!
    こういったことも踏まえて感染について効率的に学んで頂きたいということも目標として授業をしています。

    ところで、本校では感染予防の一環として、校舎入口にて体温チェックとともに消毒を徹底しています。
    というわけで、授業で話した感染予防のさらなる意識改革を検証するために、校舎入口にてインタビュー開始です!(いきなり?!)

    あっ!いいところに1年生を発見です!

    浅尾「今どんな気持ちで消毒していますか?(笑)」

    1年生「消毒は気持ちをリセットするきっかけにもなっています。精神的なリラックス効果として意識してからは、なくては困る習慣になったほどです。(笑)」

    浅尾「ほかに前回の衛生学の授業以降、気づいたことはありますか?」

    1年生「また、集団心理だと思うんですが、消毒をすることで皆と同じ行動をしていることの安心感もあると感じます!」

    浅尾「なるほど~!確かに他人とや同じ行動や物(消毒容器など)を共有していることでの安心感はありそうですね~。まさか集団心理の視点まで深く考えられていたなんて、ホントにビックリです!!」

    1年生「一つの行動をとっても色んな視点でとらえていくとおもしろいですね。」

    浅尾「そうですね!その調子で感染対策・精神衛生を意識することで一石二鳥の効果を得ていきましょう!!」

    インタビューに答えて頂いた学生さん、本当にありがとうございました!
    あっ!それと消毒のお邪魔をして、すみませんでした!!

     

ページトップへ